BPSデンチャー、金属床義歯、審美義歯

BPSデンチャー

BPSとは

BPSデンチャー

Biofunctional(生体機能的)
Prosthetic(補綴)
System

イボクラールビバデント社とヨーロッパの歯科大学、開業医が共同で開発した高品質な入れ歯を製作するためのシステムです。
当院はBPSクリニカルメンバー(公認歯科医)として認定されています。
BPSは製作途中に用いる型取りの材料も含めてすべて決められた高品質な材料で製作され、またBPS国際認定歯科技工士立会いのもと協力体制で患者さまのさまざまなご要望にお応えします。

利点

審美性に非常に優れているので入れ歯だとわからない

金属床義歯

  • 金属床義歯
  • 金属床義歯

保険治療の義歯の材料はレジン床( プラスチック) でできているので、強さを保つためにある程度厚くしなくてはなりません。そのため「入れ歯を入れた」という感覚が強くなります。

しかし、自費治療の金属床では強度があるので薄くできて、違和感も発音障害も少なく、よく噛めます。また精密に作れるため、粘膜への適合性も優れており、歯肉に与える負担を小さくする事が出来ます。

審美義歯

ノンクラスプデンチャー

  • ノンクラスプデンチャー
  • ノンクラスプデンチャー

金属のバネが気になる。目立たない入れ歯がほしい、金属アレルギー…そんな悩みをお持ちの方におすすめしております。