子供のための歯科治療

当院ではフッ素塗布を積極的に行っています。

むし歯の原因菌は歯の表面に歯垢を作って付着し、食べ物に含まれる糖質を栄養として酸を産生します。この酸によって歯が溶け、むし歯ができます。
フッ素には菌の活動を抑え酸の産生を抑制すること、溶け出たカルシウムやリンを戻そうとする再石灰化の促進、歯質の強化など、むし歯の発生を予防するさまざまな働きがあります。

また歯は生えた後、唾液中のカルシウム、リン、フッ素などが歯の表面に溶け込み徐々に硬い丈夫な歯になっていきます。そのため乳歯や生えたばかりの歯は柔らかく、十分硬く成熟するまでの期間にむし歯になってしまわないよう、正しい歯磨き、フッ素の利用が大切です。

写真:子供のための歯科治療

妊婦さんのための歯科治療

赤ちゃんがむし歯にならないために……。

むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはいません。生後1歳7ヶ月から2歳7ヶ月ごろまでの間に、周りの人から赤ちゃんのお口の中に入り、一度定着した菌は簡単にはいなくなってくれません。

子供のむし歯の予防のためにはスキンシップを控えるのではなく、周りの人の虫歯菌を少なくすることが大切といわれています。

また、元気な赤ちゃんを産むために、お口の中を健康に清潔に保つことが重要だと考えられています。歯周病の治療を受けなかった妊婦さんは、治療を受けている妊婦さんや歯肉が健康な妊婦さんにくらべて早産や低体重児出産のリスクが高いとの報告もあります。

当院は院長も含めすべて女性スタッフです。妊婦さんが安心して診療を受けられる環境を整えておりますので、どんなことでもご相談ください。

写真:妊婦さんのための歯科治療

なかなか通院できない方のための歯科治療

体に障害があったり、病気を持ってなかなか通院することができない方ほど、お口の中のケアが行いにくく、入れ歯の修理や、専門家による口腔ケア、咀嚼機能のリハビリなどを必要としています。噛むことは、食べる楽しみが増し、脳や身体に刺激を与えるので、脳の老化を防ぎ、運動機能を高めるともいわれています。

お口の中をきれいにすることで、誤嚥性肺炎、糖尿病、心筋梗塞など全身の病気の予防になります。また、お口の中が汚れていると、粘膜が傷つき、インフルエンザなどのウイルスが侵入しやすくなることもわかっています。

当院ではお口の専門家の手を借りて口腔ケアをすることをお勧めしております。

施設に入所されている方や入院中の方、在宅介護を受けている方、介護されている方、お気軽にご連絡ください。

写真:なかなか通院することが出来ない方のための歯科治療

上に戻る