マイクロスコープによる精密根管治療

マイクロスコープとは

歯科治療を肉眼だけに頼って行うには限界があります。そのため、マイクロスコープを使用して治療を行っております。
マイクロスコープとは、歯科治療用に開発された光学顕微鏡のことで、肉眼では見落としてしまいそうな細部を肉眼の約3〜24倍もの大きさに拡大して確認することができます。

これにより、これまで「勘で行われていた治療」を「安全で確実な治療」に変える事ができます。

痛みの軽減や、患者理解の向上にも

肉眼の最大約24倍まで拡大して見ることでより精密な治療が可能となり、お口の中の検査や診断をするときにも精度が飛躍的に向上します。また、より繊細な治療が行えることにより、患者さまの痛みの軽減にもつながります。

また、治療中の状況をモニターに映して、その映像を写真や動画として記録し、治療後に患者さまと一緒に確認もできますので、患者さまの治療理解の向上にも役立ちます。

  • お口の中の検査や診断、治療をするときに精密さが向上
  • 治療中の状況をモニターに映してリアルタイムで見ることが可能
  • 治療の写真や動画を記録し、後から患者さまと一緒に確認できる
  • むし歯の状況や治療した歯の状態を拡大して検査に役立てられる
  • 歯周病治療や手術の際に使用することで精度の向上や痛みの軽減がある
  • 根(神経)の治療の際に、中を明るく照らし拡大して見て治療が可能

マクロスコープを導入している歯科医院は、たったの「5%」

マイクロスコープは現在、日本国内でわずか3000台しか導入されておりません。 現在の日本の歯科医院の数が約68,000件ですので、マイクロスコープの導入率は、20の歯科医院にたった1つ。5%にすぎません。

しかし、肉眼で治療をするには限界があるケースが多々あり、精密にしっかり丁寧に治療を行おうと思えばマイクロスコープは必ず必要になります。

その代表的なケースが「根管治療」です。根管治療とは、歯の根っこの治療のことですが、歯の根っこは大変深く、暗いので肉眼ではなかなか確認できない部分です。根管をマイクロスコープを使用せず治療を行うことは半ば手探り治療となり、大変困難です。

このように、しっかり丁寧に治療を行うためにはマイクロスコープが必要不可欠です。

(※マイクロスコープを使用した治療は自費診療となります。)